スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順番として…



食後にサラダが出るってどうなんだ!?
スポンサーサイト

イルカショーで


生まれて初めてイルカと握手する人に選ばれました。




…勝因は、目立つマフラーです。

誤算、その2


あの時のコップに。


果物ナイフ入れて水につけといたら、内側のガラスが割れました。



…短い命でした。

上海日記31 おまけ


あのマナーの悪い電車内で


最初、ガイドブック持っておたおたしてたからかなぁ…とか思ったんですが、違いますね。

…間違えられました。
……妊婦に。










お腹のあたりに下げていたパスポートケースのせいだと、とりあえず自分には言い聞かせてます。

上海日記30 6日目 帰国


1/13(火) 帰国日

本日はもう帰るだけ。

だったんですが、空港で見かけたラーメン屋があまりにラーメン屋で思わず撮影。

思いっきり日本語で名前が書いてあります。


今、中国では日本のラーメンが流行っているみたいです。

早朝だったにもかかわらず、好奇心に負けてついつい入ってしまいました。


普通に日本のラーメンです。

あぁ、胃がもたれる~~~ぅ(自業自得です



さて。
こんな感じで、父を尋ねた7日間にわたる上海旅行、無事終了です。

ガイドブックを当日空港で買うような無計画っぷりだった割りに結構充実した時間をすごせました。
何より中国人のパワーを一杯もらえたのが収穫です。
明らかに間違った方向に向かう事があっても、ある意味楽天的にやっていくのは大切ですね~

・北京オリンピックに向けた国家的緑化政策で山をペンキで塗って環境汚染したり、
・馬からシマウマを捏造しようとして、縞の方向を間違えてばれたりとか、
・オリンピック中天気を良くする為、得体の知れない薬を打ち上げて健康被害出したり、
・冷凍餃子で日本の事件後に死者出したり、

…笑えない話もかなりありますが、、、

また元気が欲しくなった時にフラフラ遊びに行ってみたいと思います。

上海日記29 5日目 上海スイーツ


蘇州ツアーが終わった後、休憩がてら、海老亀へ。

海老亀は漢方スイーツのお店。
特に有名なのが、「亀ゼリー」という亀板(亀の腹の皮を乾燥させたもの)や土茯苓(ブクリョウ)甘草(カンゾウ)などの漢方を煎じて作ったデザートで、美容にいいんだそうです。

とりあえず、ベーシックな雪蛤亀苓膏(ハスモ入り亀ゼリー)というのを注文。

そのままでは苦いのでシロップを掛けて食しました。


…ところで、ハスモって何?PASMOの中国版?

っと、そん時は何も知らずに食べたんですが、あとでググッたら中国の蛙の事でした。

亀と蛙!!
爬虫類と両生類の夢のコラボレーションです!!!

中国は本当に奥深いなぁ…。

ところでこいつ、一回食すだけで効果ってあります???



最後の夕食は、父行きつけのフードコートで韓国料理をごちになりました。
…漢方スイーツとか、前日には精進料理とか食べてみていたクセに、あっという間に肉信者になりました。

焼肉、最高ですね!!

上海日記28 5日目 蘇州 寒山寺、留園


[寒山寺]

寒山寺。
寒い山の寺、って意味ではなく寒山さんってお坊さんが唐代に居て、以来寒山寺って呼ばれるようになったとか。

龍華古寺や玉仏寺
とかと同じく、黄色い外壁のお寺。

唐の詩人で政治家でもあった張継って人が詩に読んでいることで有名なんだそうです。
…知らんがな…(本当に社会科LV1です)

ともあれ、寒山寺の見所は大きくは2つ。
普明宝塔と鐘です。

まずは普明宝塔。
1995年に建てられたので、歴史自体はビックリするくらい浅いです。
ただ、中国では珍しい、日本式の木造建て五重塔なのが特徴。
(中国の伝統的な塔は、龍華古寺虎丘にあったような七層八角の塔)

日本との親交を記念して…とかなんか、そんな感じのことをガイドさんが説明してくれた気がするんですが、殆どうろ覚えです。(おひ

そしてこちらが鐘です。

どうやらさっき出てきた張継さんの詩にも読まれている有名な鐘で、年末ともなると日本人も多く突きにくる鐘だそうです。

へぇ~…

(私は本当に、高校を卒業したんだろうか…)

この鐘、1回突くと煩悩が1つ祓える…のではなく、なんと10歳若返ると言われているそうです。
…なぜか日本人の間だけで…。

中国の人はそんな事、知らないんだそうです。
…一体どこからそんな噂がたったのかはよく分かりませんが、とりあえずここは日本人として日本人内の噂を信じ、若返りを願って鐘を突かせていただきました。

…とりあえず3回。



…………

若返るって言うより、なんかもう最初っからやり直す気ですネ。私。


[留園]

蘇州ラストは蘇州の4大名園であり、中国の4大名園でもあるという世界遺産。
すごい肩書きが並びすぎて逆にちゃちくまで思える悲惨な庭、「留園」です。

明代に徐秦時って人の私家庭園の東園として建設され、その後改築、改名が進み、19世紀に現在の「留園」になった、というお庭です。

ちなみに中国の庭の見所は5つ。

1、透かし窓

留園には1つたりとも、同じ形の透かし窓は無いそうです。


2、太湖石

豫園にもありましたが、穴ぼこだらけの石。
穴があればあるほど、形が複雑であればあるほどいい石なんだそうです。


3、水山水、岩山水

日本の庭って言えば枯山水。
一方中国は本物の水を使って水を表現してます(それって、、、表現っていうか…)

…要は、水と岩で世界をあらわしているってことですね。


4、回廊

楼閣が花窓や透かし彫りで飾られている回廊で繋がっています。
景色の切り替えにも使われているみたいです。


5、客室

男性用客室、女性用客室が分かれてます。
留園のでは、→左、男性用 右、女性用です。

…見比べると男性用のほうが圧倒的に広く、日当たりも良く、豪華です。



こちらは、男性用の客室からの庭の眺め。
太湖石が一杯使われています。

…ちなみに女性の方は1個だけ、立てられてました。
まぁ、太湖石の良さがあまりわからないんで、あっても無くてもどっちでもいいんですが、この差別っぷりは、なんというか、さすがですね…。



庭の見所以外にも、すごいものが飾ってありました。
その中でいかにも中国っぽいなぁと感動したのがこちら。

ちっちゃい瓶みたいのが一杯並んでるなぁ~と思ったら中はお米粒が入ってました。
そのお米粒に、私には500倍に拡大しても描けなさそうな程精巧な絵が掘り込まれてます。

…ほんと、中国って、こういうところ凄すぎです!

上海日記27 5日目 蘇州 虎丘 他


1/12(月) 上海5日目

[蘇州]

あっという間に、と言うか、ようやく上海日記、上海最終日に到達しました。
この日は、JTBの現地ツアー「蘇州日帰り観光」に参加。

蘇州は上海から車で1時間ほどで行ける、呉の時代の都。
水路が町中を巡っていて、「東洋のベニス」と呼ばれているそうです。

見所はそんな水路もですが、まずは庭。
世界遺産に登録されてる留園や、拙政園、獅子林とか、明代に作られた庭がいくつもあります。

あとは、虎丘。
蘇州を呉の都と定めた闔閭(こうりょ)が、越に敗れた時、葬られた丘。頂上には雲岩寺塔が建ってます。

食では上海蟹。
陽澄湖って湖があり、ここが上海蟹の産地だそうです。

また、古くから絹織物が発展し、シルクロード時代に大都市になり、今も上海から蘇州にウェディングドレスなんかを買いに来る人が多いとか。


JTBのツアーは、
虎丘→蘇州刺繍研究所→姑蘇飯店って蘇州料理の店で昼食→寒山寺→留園
と、めぐりました。


[虎丘]

早速ですが、虎丘です。

さっきもちょっと触れましたが、呉の王様、闔閭が越に敗れて葬られた丘です。
亡くなる時、息子の夫差に復讐を誓わせていています。

なんかよっぽど無念だったらしく、葬儀が行われた3日後、白虎が墓の上にうずくまっていたという伝説があり、それが「虎」の「丘」って名前にの由来になっているそうです。

臥薪嘗胆って、受験生泣かせだった四字熟語も、この辺のエピソードに由来しているとか。
…お前のせいか…!


で、そこら辺の伝説とのかかわりはいまいち分かりませんが(解説された気がするけど、聞き流していたようです…)

こちらが雲岩寺塔。
八角七層の、中国らしい石塔です。


なんか比較的最近、地盤沈下で3.5度傾いてしまい、慌てて基礎をコンクリで固めたそうです。(写真にある、塀とかも昔は無くて自由に入れたそうです…残念)
根元を見ると傾きっぷりが良く分かります。

でも、傾いたおかげで、イタリアのピサの斜塔に対抗し、「東洋の斜塔」と名乗るようになったんだそうです。
…転んでもただじゃ起きないところがさすがです。


虎丘自体はものすごく広い丘で、塔以外にも見所が多く、回るには1日かかる場所なのだそうです。
今回は蘇州全体を1日で回るって強行軍なので美味しいところだけ楽しんでさくさくと次へ移動です。

また機会を作って、ゆっくり見て回りたいですね。




[蘇州刺繍研究所]

ここでは、刺繍の制作現場の見学や作品の展示がされています。
表と裏が違う模様の刺繍とか、なんかすごい技術っぽい作品がたくさんありました。

…でもその技術を使って作っているものがゴッホとか有名な画家の模写だったり、写真の模写だったり、なんと言うか…「技術は確かにものすごいんだけど使い道がなんか違う」って中国全開なワールドで結構面白かったです。
研究所内写真撮影禁止だったので、そのすごさが伝え切れなくて残念です。


解説をしてくれたスタッフは、営業する気プンプン。
むしろ隠す気も無いくらいの清々しさ。

作品解説の度に、「この作品を床の間にどうぞ」とか、「玄関にどうぞ」と勧めていました。

…いや、そんな床の間なんて無いから。
玄関も靴の置き場すら無いから…。

いったい日本人の平均的住まいって、どんなもんだと思われているんでしょうね。


なんて、ものすごく冷めた感じで眺めていたせいか、いざ売店に移動した時、5人居たツアー参加者の中で、私だけがまったく、これっぽっちも、一っ言も商品の購入を勧められませんでした。

…それ自体は大変楽でよかったのですが、私の顔のどこかに預金残高とかなんかそんなん、書いてあるんでしょうか…。



[姑蘇飯店]

伝統的な蘇州料理の店!
…ってことはやっぱり上海蟹!!


…かと思ったんですが、甲殻類はちっちゃい海老のみでした。


…まぁ、1日観光で550元(しつこいようですが、1元≒15円)のツアーだったらこんなもんですよね。


メニューはスズキ(と紹介されたけどぜったいなんか典型的な川魚っぽい味だった謎の魚)の甘酢ソース掛け、海老チリみたいななんか、ホウレン草のごま油炒め、チャーハン、白魚の入ったスープとかでした。

上海より味付けが全体的に薄めで、食べやすかったです。
スープは相当薄味で、塩を入れてるかどうかから疑いそうになりましたが…。

んで、最後に出た季節外れのスイカは意外なことに甘くて美味しく、中国の広さを改めて思い知りました。

上海日記26 4日目終了 精進料理


イルミネーションも堪能し、4日目も無事終了。

父が好きなもの食べにつれてってくれる、っというので、私はもちろん、迷わず上海蟹を所望。



…したんですが、上海蟹はシーズンオフでした。(9~10月が美味しい時期らしい)



上海に来て蟹を食べれず…orz


まぁ、そこら辺が限りなく私の旅らしいですね。
それならば、と次に興味のあった精進料理の店に連れて行ってもらいました。

こちら、「功徳林」は禅宗が盛んで、その影響で精進料理も進んでるっていう杭州の和尚さんが考案した料理を味わえるお店。
地元では超がつく有名店だそうです。


早速頂いてみました。
こちらは大豆で作ったハム。かなり燻製にしたハムっぽくて、思わず透かして確認。
味もばっちりハムでした。


もっと驚いたのはこちら!
ブロッコリーで作ったアワビです!
すげ~~!それっぽい!!!

私、ついつい興奮です。

…でもね考えてみたら私、アワビってまともに食べたことが無いんです…orz


そっくりだったのかなぁ?
誰かその辺、教えてください。



いやぁ、でも食べたいもの食べて、人間観察もできて、濃密な1日でした。
お付き合いいただいた父、Oさん、本当にありがとうございます!


さぁ、とうとう次は上海最終日です。

上海日記25 4日目 上海イルミネーション


[外灘]

夜になりました。
illyカフェのあった12号もライトアップされています。

結構上品なイルミネーションで綺麗ですね。


[浦東地区]

一方黄浦江の反対側には、上海のテレビ塔、東方名珠塔が七色に輝き、別世界を繰り広げています。



[豫園]

初日に行った豫園は、また少し違ったイルミネーション。
こちらはなんとなく正月っぽい感じ。

短い距離の中で、見ごたえのある3種類のイルミネーション!
結構がんばっています、夜の上海。


個人的には東方名珠塔が上海っぽくて大好きです。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2009年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
プロフィール

枝豆

Author:枝豆
ようこそ。
「ぎっちょぎっちょのキリギリス」へ。
こちらは記憶力と継続力が可哀相な管理人が運営している絵日記(7割)のブログです。
オレンジジュースの果汁程度に共感したり、同意はしかねるけど反応してもらえたりしたら面白いなぁ、と思っての綴る撥ね物人生録。
ご笑覧下さい。


良かったら以下、クリックをお願いいたします。
人気ブログランキング
きっと、ちょっとはりきります。(単純)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ハム山さんの絵日記

ケツの穴

めぐむんち。

てぃあものニュースセレクション
Twitter
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。